開業医インタビュー

かとう内科クリニック加藤院長の想い

加藤院長が開業までのプロセスから西葛西への愛着まで想いを語ります

「西葛西メディカルプラザ」に入居しているかとう内科クリニック院長 加藤博敏さんにお話を伺いました。
西葛西メディカルプラザとの出会い、そして西葛西という土地と、人々に対する想いを語っていただきました。
また、かとう内科で働くスタッフの声も交えて、西葛西メディカルプラザの魅力をお伝えします。

かとう内科クリニック院長 医学博士 加藤 博敏氏

かとう内科クリニック院長 医学博士 加藤 博敏氏

長年、消化器がんの診断と治療、特に肝臓・膵臓・胆管がんの重粒子線治療という最先端医療にたずさわり、内科医、消化器・肝臓専門医として様々な病気に対して診療をつづけている。風邪や呼吸器疾患、生活習慣病などの一般内科から、胃腸や肝臓の病気、がんに至るまで、幅広く専門的な最新医療を提供している。

加藤博敏先生 略歴

昭和59年、金沢大学医学部卒業
千葉大学医学部第一内科(現消化器内科)勤務
埼玉県厚生連幸手総合病院 内科勤務
国立習志野病院 内科勤務
スイス国立ポール・シェラー研究所 客員研究員
放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院 第一治療室長
かとう内科クリニック院長

編集後記(Jump Start 株式会社 代表取締役 桑畑タケル)

image加藤先生のお人柄の素晴らしさはかねてよりお聴きしておりましたが、私が話をさせていただいて最も感銘を受けたのが加藤先生が大変謙虚であることでした。取材者である私に対してはもちろん、弊社の女性スタッフへの気配りや紹介者へのご挨拶、いずれも素晴しいご対応で、こちらが恐縮してしまうほどした。それゆえ、先生がインタビューでおっしゃっていた「人を大切にする」「大切なのは正直であること」「患者さんに敬意を払うこと」という言葉にものすごく説得力がありました。
特にスタッフを本当に大切にしていることは取材からも強く感じれられました。人事の入れ替えが激しい傾向にある医療現場で、開業以来辞めた方が一人もいらっしゃらない理由もわかります。医師として優秀なことはもちろん、人として信頼し、尊敬できる加藤先生が西葛西で開業したことは、西葛西メディカルプラザにとってはもちろん、西葛西の地域の方々にも本当に喜ばしいことだと感じました。

>> かとう内科クリニック ホームページへ